手術なしで快適裸眼生活オルソケラトロジー

診療時間:午前9:00〜12:00 午後 14:00〜18:00/休診日:水曜・日曜・祝日/〒329-1311栃木県さくら市氏家2565-9 TEL.028-682-2209 FAX.028-682-0631
診療時間:午前9:00〜12:00 午後 14:00〜18:00/休診日:水曜・日曜・祝日/〒329-1311栃木県さくら市氏家2565-9 TEL.028-682-2209 FAX.028-682-0631

かとう眼科携帯サイトへ

緊急時のご案内 栃木県眼科医会 獨協医科大学病院

トップページ > よくある質問 > 症状からさがす

当院のご案内



目が赤くなる

結膜炎(アレルギー性、感染性)  角膜炎  涙嚢炎  睫毛内反(眼瞼内反)  翼状片  結膜下出血  ドライアイ  など

結膜炎(アレルギー性、感染性)

 一般的に、目のかゆみ・目やに・充血などがみられます。大きく分けて、アレルギー性と感染性の2つがあります。アレルギー性の場合にはかゆみが強く、白色の目やにが出ることが多いです。感染性の場合は、黄色い目やにが多量で、充血が強いです。

・アレルギー性
 目の表面に、花粉などのアレルギー反応を引き起こす物質が付着して、結膜(白目や赤目の部分)に炎症を起こします。スギ花粉が有名です。
 また、アトピー性皮膚炎の方にも、アレルギー性結膜炎がよくみられますので、目のかゆみ・目やに・充血などがみられる場合にはご相談ください。
 最近ではコンタクトレンズ(特にソフト)を使っている人にもよくみられますのでご注意ください。

・感染性
 細菌やウイルスが目に感染して起こります。かぜ症状を引き起こすウイルスが原因のこともあります。その場合、“はやりめ”に代表されるように、周りの人に簡単にうつる可能性がありますので早めに眼科を受診してください。ただし、小さなお子さんの場合には、大人のように検査が出来ませんので、確定診断が困難なことも多々あります。
 細菌の場合は目薬も効き、比較的短期間で治りますが、ウイルスの場合は風邪症状と同じように、一定期間が過ぎてウイルスが体から抜けていかないと良くなりませんので、1〜2週間かかります。



(社)日本眼科医会が運営する
目の健康・情報サイト
(社)日本眼科医会が運営する目の健康・情報サイト 目の健康.jp