手術なしで快適裸眼生活オルソケラトロジー

診療時間:午前9:00〜12:00 午後 14:00〜18:00/休診日:水曜・日曜・祝日/〒329-1311栃木県さくら市氏家2565-9 TEL.028-682-2209 FAX.028-682-0631
診療時間:午前9:00〜12:00 午後 14:00〜18:00/休診日:水曜・日曜・祝日/〒329-1311栃木県さくら市氏家2565-9 TEL.028-682-2209 FAX.028-682-0631

かとう眼科携帯サイトへ

緊急時のご案内 栃木県眼科医会 獨協医科大学病院

トップページ > よくある質問 > 症状からさがす

当院のご案内



見えない部分がある(視界が狭く感じる、薄暗い)

緑内障  加齢黄斑変性  網膜剥離  糖尿病網膜症  脳病変(頭蓋内疾患)  など

加齢黄斑変性

 目の中でカメラのフィルムの役割をになう網膜、そして、さらにその中で視力にとって最も重要な黄斑という部分が、加齢とともに変化し視力の低下を引き起こす病気です。生活環境の欧米化などに伴い、近年増えています。
 見える範囲(視野)を構成している網膜の中心部分にあるのが黄斑部で、ものを見るときにはこの黄斑部で見ていますので、黄斑が変化すると、ものが歪んで見える、視野の中心が暗くなる・欠ける、視力が低下するなどの症状が出ます。初期の場合、自分で気付くことは少なく、検診で指摘されることが多いようです。
 治療はやや困難ですが、病状によっては視力の回復も期待できます。最近では眼内にお薬を注射する新しい方法も出てきました。



(社)日本眼科医会が運営する
目の健康・情報サイト
(社)日本眼科医会が運営する目の健康・情報サイト 目の健康.jp