手術なしで快適裸眼生活オルソケラトロジー

診療時間:午前9:00〜12:00 午後 14:00〜18:00/休診日:水曜・日曜・祝日/〒329-1311栃木県さくら市氏家2565-9 TEL.028-682-2209 FAX.028-682-0631
診療時間:午前9:00〜12:00 午後 14:00〜18:00/休診日:水曜・日曜・祝日/〒329-1311栃木県さくら市氏家2565-9 TEL.028-682-2209 FAX.028-682-0631

かとう眼科携帯サイトへ

緊急時のご案内 栃木県眼科医会 獨協医科大学病院

トップページ > よくある質問 > 症状からさがす

当院のご案内



見え方がおかしい(かすむ・ゆがむ・二重になる)

白内障  後発白内障  緑内障  糖尿病網膜症  網膜剥離  加齢黄斑変性  屈折異常(近視・遠視・乱視、不同視)  仮性近視(調節緊張)  弱視  斜視  老視  色覚異常  など

仮性近視(調節緊張)

 ゲーム・パソコン・携帯・読書・勉強など様々な環境の変化により、近距離で目を酷使する時間が多くなっています。長時間の近見作業により、目のピント調節を行う筋肉が疲れてしまい、ピントがうまく合わないために起こります。一時的に近視の状態になるために遠くがぼやけて見えます。
 目の筋肉の緊張をとることによって緩和しますが、近視が治ったわけではありません。しばしば、近視が治ったと誤解されている方もいるようです。また、きちんと検査せずに眼鏡をつくると、本来よりも強い眼鏡を作ってしまうことがありますので、眼科できちんと検査・診察を受け、正しい処方箋をもらいましょう。仮性近視(調節緊張)だけであれば、改善して治ることもあります。



(社)日本眼科医会が運営する
目の健康・情報サイト
(社)日本眼科医会が運営する目の健康・情報サイト 目の健康.jp