手術なしで快適裸眼生活オルソケラトロジー

診療時間:午前9:00〜12:00 午後 14:00〜18:00/休診日:水曜・日曜・祝日/〒329-1311栃木県さくら市氏家2565-9 TEL.028-682-2209 FAX.028-682-0631
診療時間:午前9:00〜12:00 午後 14:00〜18:00/休診日:水曜・日曜・祝日/〒329-1311栃木県さくら市氏家2565-9 TEL.028-682-2209 FAX.028-682-0631

かとう眼科携帯サイトへ

緊急時のご案内 栃木県眼科医会 獨協医科大学病院

トップページ > よくある質問 > 症状からさがす

当院のご案内



見え方がおかしい(かすむ・ゆがむ・二重になる)

白内障  後発白内障  緑内障  糖尿病網膜症  網膜剥離  加齢黄斑変性  屈折異常(近視・遠視・乱視、不同視)  仮性近視(調節緊張)  弱視  斜視  老視  色覚異常  など

弱視

 視力は、生まれてからものを見ることによって発達していきます。6〜8歳くらいで大人と同じように見えるようになると言われていますが、それまでの間に何らかの原因(斜視、遠視、眼瞼下垂、白内障など)によりうまく物を見ることができないと正常な視力が育たないことがあり、これを弱視といいます。(メガネをかけて視力が出れば、弱視ではありません。)
 弱視の治療は、まず原因の治療(眼鏡による矯正や、場合によっては斜視や眼瞼下垂の手術)を行い、必要であれば視力の発達を促す訓練を行います。この訓練は年齢が低いほど反応がよいので、検診で指摘されたり、家族や周りの方が気付いたら、早めに眼科を受診してください。
 当院では経験豊富な視能訓練士が対応しておりますので安心してご相談ください。



(社)日本眼科医会が運営する
目の健康・情報サイト
(社)日本眼科医会が運営する目の健康・情報サイト 目の健康.jp