手術なしで快適裸眼生活オルソケラトロジー

診療時間:午前9:00〜12:00 午後 14:00〜18:00/休診日:水曜・日曜・祝日/〒329-1311栃木県さくら市氏家2565-9 TEL.028-682-2209 FAX.028-682-0631
診療時間:午前9:00〜12:00 午後 14:00〜18:00/休診日:水曜・日曜・祝日/〒329-1311栃木県さくら市氏家2565-9 TEL.028-682-2209 FAX.028-682-0631

かとう眼科携帯サイトへ

緊急時のご案内 栃木県眼科医会 獨協医科大学病院

トップページ > よくある質問 > 症状からさがす

当院のご案内



見え方がおかしい(かすむ・ゆがむ・二重になる)

白内障  後発白内障  緑内障  糖尿病網膜症  網膜剥離  加齢黄斑変性  屈折異常(近視・遠視・乱視、不同視)  仮性近視(調節緊張)  弱視  斜視  老視  色覚異常  など

白内障

 目の中でカメラのレンズの役割をしている水晶体が、年齢とともに白く濁って視力が低下する病気です。通常、加齢に伴い進行してきますが、体の病気や、飲んでいる薬の副作用、あるいは他の目の病気の影響によっては若い方にもみられます。
 水晶体は透明な組織ですが、白内障では白く濁ってしまうため、集めた光がうまく眼底に届かなくなり、かすむ・ぼやける・二重になる・まぶしい、などの症状が引き起こされます。
 目薬で進行を遅らせることは出来ますが、完全に治すためには手術が必要です。濁った水晶体を取り出し、人工レンズを移植しますが、最近では、乱視用のレンズや遠近両用のレンズなどもあります。



(社)日本眼科医会が運営する
目の健康・情報サイト
(社)日本眼科医会が運営する目の健康・情報サイト 目の健康.jp